大学留学
留学ホーム > 大学留学 > 必要な学力

必要な学力

最終学歴の成績が、5段階評価で平均3以上が望ましいです。
しかしながら、アメリカの大学は日本の大学と違って成績のみで人を判断しませんので、仮に成績が良くなくても留学は可能です。

自分を売り込んで入学

アメリカの大学は授業で議論を交わすことが多いのもあり、様々な意見が出る多様性を好みます。
そのため、ただ成績が優秀な人だけを取り、国籍も考え方も同じ人間ばかりを取れば偏って良くないと考えています。
留学生ともなれば、他の学生への刺激になる少々ユニークな位の学生も求められます。

だからこそアメリカでは、成績に少々自信がなくても、出願で課されるエッセイや、担任の先生に書いてもらう推薦状などで自分の他人とは違う所や面白い点を積極的にアピールすることがとても大切です。
カラテで黒帯、手品が出来る、家が呉服屋で和服のことならなんでも分かる、中学の頃からずっとボランティアで街の清掃に参加しているなど。
それが入試担当者の目に止まり、他の出願者より面白いと思ってもらえれば、成績は今ひとつでも合格ということも少なくないのです。

それでも自信がない場合は

日本では、自分の売り込むより控えな方が美徳とされることもあり、自分で自分をアピールするのが苦手な方も多いことでしょう。
そうした場合には、栄 陽子留学研究所の留学相談で相談してみることをおすすめします。
当研究所では、アメリカの約700もの大学・大学院に学生を留学させた経験に基づき、日本人がどのようにアピールすれば良いかを熟知しています。

また、入学には後一歩成績・英語力が足りない…という場合などに担当カウンセラーが大学の入試担当者と直接話し合って入学を許可してもらう交渉力も兼ね備えています。
(入学までをトータルサポートする「留学プログラム」にお申し込みいただき、必要が認められた場合こうしたことも行っています。)
これらは他の留学エージェントと違い、限られた提携校へ留学させる形ではなく一つひとつの大学と丁寧に交渉し、アメリカだけを専門に39年もの歳月をかけて関係を築き上げてきた栄 陽子留学研究所だけが持つ大きな武器です。

資料請求

<< 必要な英語力 | 費用 >>
TOPへ

留学ホーム
資料請求
サイトマップ
栄陽子留学研究所
  03-3224-0777
栄陽子留学研究所PCサイト
  http://www.ryugaku.com/
TOPへ

Copyright (C) 2010-2017 栄 陽子留学研究所 All Rights Reserved.