高校留学
留学ホーム > 高校留学 > アメリカの高校の違い

アメリカと日本の高校の違い

アメリカは高校までが義務教育です。
アメリカの高校には私立高校と公立高校があります。

私立高校

私立高校は、州の管理を受けずに、それぞれの高校のユニークな教育方針の下でカリキュラムを組んでいます。
Private school、あるいはIndependent schoolと呼ばれますが、おもに大学進学のための準備指導を行なうので、「準備をする学校」という意味で Preparatory school(プレップスクール)とも呼ばれます。
日本人がアメリカの高校に「卒業をめざす」留学をするのであれば、私立高校で学ぶことになります。私立高校は寮を備えているところが多く、生徒の個性や能力に応じた教育を受けられます。

公立高校

公立高校は、州の教育委員会によって運営されていて、学費は無料です。教科書も無償貸与なのでお金がかかりません。このため、外国人を入学させることはなく、交換留学などの形で1年間の留学しか出来ません。
義務教育ということもあって、理数系は特に日本の中学レベルになりがちです。

留学する時期

日本の学校制度は6(小学)・3(中学)・3(高校)制ですが、米国は6・2・4又は8・4の4年制が多数です。
したがって日本の中学3年生または高校1年生から米国の高校へ入学できます。

9月入学となりますので、入学の1年くらい前から準備をしましょう。

資料請求

<< 高校留学 | 授業と生活 >>
TOPへ

留学ホーム
資料請求
サイトマップ
栄陽子留学研究所
  03-3224-0777
栄陽子留学研究所PCサイト
  http://www.ryugaku.com/
TOPへ

Copyright (C) 2010-2017 栄 陽子留学研究所 All Rights Reserved.