大学院留学
留学ホーム > 大学院留学 > 必要な英語力

必要な英語力

アメリカ大学院への出願では、英語力が合否に大きく影響します。
TOEFL®テストのスコアで最低でも80点以上、レベルの高い大学院では100点以上が必要です(アメリカの一般的な大学への留学には61~80点程度が要求されます)。

大学院留学を希望される方はTOEFL®テストを複数回受けて、一番高いスコアを提出すれば大丈夫です。これまでのケースでは、出願の一年前にTOEFL®テストのスコアが61点(大学合格の最低ライン)程度取れていれば、その後は当研究所の指導と本人の熱意により、出願するまでに大学院合格レベルまでスコアが向上する可能性は高いです。

英語力がすべてではない

TOEFL®スコアは合否を決めるひとつの基準ですが、それは全てではありません。
大学の成績(GPA)やエッセイ、推薦状など様々な角度から志望者を総合的に評価するのがアメリカの大学院入試です。
TOEFL®スコアが要求を満たさなくても他の事柄で評価されて合格したケースは沢山あります。

授業についていくために英語が出来た方が良いのは間違いありませんが、大学院で学ぶのは英語そのものではなく、「英語を用いて」専門的な事を学ぶのが目的です。留学とは英語を学習用ツールとして使わざるを得ない状況に身を置くことであり、そのような状況の中で努力する事により本当の英語力が身につきます。

資料請求

<< 大学院留学のパターン | 必要な学力 >>
TOPへ

留学ホーム
資料請求
サイトマップ
栄陽子留学研究所
  03-3224-0777
栄陽子留学研究所PCサイト
  http://www.ryugaku.com/
TOPへ

Copyright (C) 2010-2017 栄 陽子留学研究所 All Rights Reserved.