大学院留学
留学ホーム > 大学院留学 > 大学院留学のパターン

大学院留学のパターン

アメリカの大学院留学をめざす日本人にはいくつかのパターンがあります。
まず「MBA(経営学修士)を取得したい」「国連職員など国際公務員として働きたい」といった明確なキャリアゴールを持っている人。次いで日本の大学を卒業した(卒業見込み)が「このまま就職したり、日本の大学院に進んだりするのは何か物足りない」という人。就職して数年たって資金もできたので「もともと憧れていた留学をしてみよう」という人もいれば、 中には単に「外国で生活してみたい」「英語力をつけたい」という人や「何をしてよいかわからないので、とりあえずアメリカに留学、できれば大学院に行きたい」などという人もいます。

アメリカの大学院に留学して勉強する分野は、あなたが日本の大学で勉強した学部・学科と同じ分野である必要はありません。ただ、それなりのバックグラウンドが必要です。
たとえば大学は理工学部でも、教職の単位をとっていれば、アメリカの大学院で教育学を学んでもOKです。大学は文学部でも子供の時からピアノをやっていて、実技のオーディションに耐えうるレベルであれば、音楽で大学院留学することも可能です。
日本の大学の英文学科や英米科を卒業した人は「アメリカの大学院に行って英米文学を専攻したい」という人が多いのですが、これはいろいろな意味であまり良い選択とは言えません。むしろ多くの大学院にある「コミュニケーション」や「英語教授法」という分野がおすすめです。

一時より減ったとはいえ、一番人気があるのはMBA(経営学修士)を目指すコースです。
なかにはMBAさえとれば自動的に良い仕事に就くことができ、高給を貰えると勘違いしている人もいるようですが、大切なのはMBAをはじめとする学位・資格を取得するまでの努力や人との出会い、経験であって、そうした体験の積み重ねがその人の人生を豊かにしてくれるのだと考えるべきでしょう。
アメリカの大学院留学で学んだ知識や技術、学位・資格をいかに生かすかは、留学経験者一人ひとりが考えていかなければならない課題なのです。

資料請求

<< 大学院留学の理由 | 必要な英語力 >>
TOPへ

留学ホーム
資料請求
サイトマップ
栄陽子留学研究所
  03-3224-0777
栄陽子留学研究所PCサイト
  http://www.ryugaku.com/
TOPへ

Copyright (C) 2010-2017 栄 陽子留学研究所 All Rights Reserved.